2013年03月02日

ひさびさなのだ

3年ぶりかな?FF
しかも解禁初日なんて
何年ぶりだろう
あんまり早く出てもドライにはむりだろう
ってことで8時半に家をでた
9時過ぎに好きないつものポイントに着いたけど
まだ早いんで釣り人の数なんか数えながら
崖崩れで通行止めになってる所まで
川の様子を見ながら車を走らせた
一昨年の大雨の影響で渓相がずいぶん変わってた
ここからなんて決めてた場所まで戻ったけど
入渓ポイントのちょっと上流で
餌釣りの3人組がグズグズしてる
今日はダメかぁなんて
近所に住んでる知り合いを電話で呼び出したりして
世間話なんかして時間つぶしをしてたら
上流から知り合いが降りてきた
7時頃から入って2時間半で20匹
ミミズにゃ勝てんなぁ
20cmくらいのも何匹か釣れてた
今日は曇でこれ以上気温は上がらんなぁ
とか言いながら10時半に釣り始めた
さすがに4人も先行されたら出てくる訳もないか
なんて思ってたら11時を過ぎて
すごい数のメイフライが飛びだした
水温9℃気温12℃
これで先行者がなければなぁなんて思ってたら
パシャッって
えっこんなところでって合わせられないじゃん
だれでも絶対流すポイントだから
出るなんて思ってもいないよ
虫に誘われて少しは浮いてきてるのかぁ
ちょっとは上を見てるのかもね
少しは期待できるかもなんて
気合を入れ直してロッドを振る
渓相が変わってるとはいえ大きな石は残ってて
毎年良形アマゴが付くポイントも変わらず
そんな所に丹念にフライを置いて行く
ここはってポイントで
いい型のアマゴが口を開けて出てきた
迷わず喰ってくれたけど
乗ったと思った瞬間に外れて・・・ガックリ
まぁ虫もいっぱい飛んでるし
先行者との時間も空いてるしなんて
気を取り直して歩いてたら
50mくらい上流に人がいる
しかもいつもアマゴがでる沈み石が点在する絶好の瀬
えっ!連れてるじゃん    ガッカリ
よく見たら知ってるオッサンだった
やっぱり解禁が平日で人が少ないとはいえ
FFには厳しい
諦めて帰ることにした
実釣1時間くらいでちょっとおしい気もするけど
午後から天気が荒れるらしいから潮時だね
とゆーことでボーズだった

今日は「古座川ガイド」養成講座
(ジオパークについて学ぼう)に参加してきたのだ

明日から柚農家さんの柚の剪定なのだ
【関連する記事】
posted by こーじ at 23:14| 和歌山 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。